香港での航空便乗継トラブル | TASKALコールセンター対応事例 | 業種別サービス案内 | TASKAL
Close


香港での航空便乗継トラブル

相談内容

香港航空HX1310便(デリー/香港23:05/06:50)とキャセイパシフィックCX564便(香港/関空08:30/14:55)で、インドのデリーから香港経由で関西空港に帰国予定のA君は、間違えて乗客の流れのまま香港に入国してしまった。入国後、間違いに気づいたA君は出国ロビーでCX564便に搭乗しようと試みたが、時間的に間に合わなかった。

香港航空のカウンターで交渉したが、乗り間違えたのはA君の判断ミスと言われ香港/関空間の航空券を自分で手配しろと言われ、取り合ってくれない。どうしたらいいだろう。

アドバイス

キャセイパシフィックの香港/関空便は、CX506便(10:45/15:20)に5席の空席があり、CX502便(16:30/21:25)には9席以上の空席がある事を航空機予約端末で確認できたため、キャセイパシフィックのカウンターに行き、カウンターの責任者を見つけ、自分のミスでCX564便に乗り遅れたこと、学生でお金を持っていない事等を説明して、なんとかCX506便又はCX502便に乗せてもらえないかとひたすらお願いするように指示。それでもダメな場合は、再度TASKALに連絡頂ければ、A君自身のクレジットカードまたはA君の両親のクレジットカードギャランティでTASKALが一番安いと思われる当日の航空券手配を行う旨も伝えた。

結果

A君は航空券を買いなおす事なく、CX506便で帰国できた。

コメント:A君がCX564便に乗り遅れたのは個人のミスであるため、香港航空のカウンター担当者が言った通り、航空券を新たに買いなおすのが原則。
しかし、キャセイパシフィックの以後の2便には空席があるため無料で乗せてもらう交渉の余地あり。空港カウンターの責任者は、判断権限を有している。あくまで、空港カウンターの責任者判断であるが、この事例ではラッキーだった。