宿泊先でのトラブル | TASKALコールセンター対応事例 | 業種別サービス案内 | TASKAL
Close


宿泊先でのトラブル

相談内容

インドネシアのジャカルタにある大学で短期講習を受けている。各国から学生が集まってきており、短期留学生は大学が用意したドミトリーで寝起きしている。
昨日、ドミトリーに帰ってくるとオーストラリアからの留学生数名からピザを食べないかと勧められた。同じ留学生同士であり断るのもどうかと思い1切れのみ食べた。
その後気分が悪くなり自室のベッドで休んだが、今朝になってピザにはマリファナが入っていた事を聞いた。インドネシアでもマリファナは非合法であり、警察に訴えようかと思うがどうであろうか? また、後2週間講習期間が残っており、彼らと同じドミトリーで生活する事に恐怖を覚える。どうしたらよいか?

アドバイス

少なくとも宿泊先は変わった方が良いと思う。今後の対処については、現地事情に詳しいジャカルタの現地サポート店のスタッフを派遣しようと思うがどうか?ただし、現地スタッフを派遣すると派遣料として1日$300掛かるが良いか?

結果

留学生が両親と相談し、現地スタッフの駆付けサポートを実施。(費用は父親のクレジットカードで決済)。現地スタッフの報告によれば、現在体調に問題が無い事もあり警察への被害届は出さないが、学生寮の責任者には厳重に抗議し、関係したオーストラリア人留学生への対処を求めた。更に、他にも学生寮があるとの事であったので、即日宿泊先を変更。現地スタッフは新たな宿泊先まで同行し、問題がない事を確認して事務所に戻った。